電車でのアクセスについて

草津温泉に電車で行く方はJRの特急草津に乗り、吾妻線の長野原草津口駅で下車します。

 

駅からは草津温泉までJRバスが運行されていますので25分程で温泉に行くことができます。

 

上野から長野原草津口駅までは特急で2時間30分程ですから、約3時間で草津温泉に到着します。

 

長野原草津口駅からのバスは特急などの電車の草津の到着時間に合わせて接続がありますので便利です。

 

バスで草津温泉のバスターミナルまでの料金は調べた時点では大人700円、子供350円となっていました。

 

特急草津の料金は調べた時点では5,270円となっていましたので、総額5,970円となります。

 

北陸新幹線利用の場合は北陸新幹線あさまで高崎駅まで行き、吾妻線に乗り換えて長野原草津口駅まで行きます。

 

この場合は東京から高崎までが1時間程、高崎から長野原草津口駅までが1時間20分ほど、バスが25分ほどですからトータルで2時間45分程と特急草津利用とあまり変わらない時間となります。

 

日帰りで楽しむ交通手段について

草津温泉を日帰りで楽しみたいという方も多いと思いますが、首都圏でしたら草津温泉は日帰りでも楽しむことができます。

 

草津温泉に行く方法はJRとバスを利用する方法があります。

 

JRを利用するメリットは早く草津に到着できることですが、乗り換えをしなければなりません。

 

バスを利用するメリットは乗り換えをしなくても良いということですが、乗車時間が4時間ほどとなってしまうことです。

 

どちらが良いかは個人の判断だと思います。

 

JRを利用する場合

 

首都圏を早朝に出ることができれば草津までは3時間ほどで行くことができます。

 

一例ですが東京駅から6時28分発の北陸新幹線のはくたか551号はくたか金沢行に乗り、高崎駅で吾妻線の各駅停車の長野原草津口行に乗り換えます。

 

長野原草津口駅で下車して長野原草津口のバス停からJRバス関東の草津温泉行きに乗ります。

 

これでしたら草津温泉のバス停には午前9時20分頃に到着しますので十分に草津観光とグルメ、温泉を楽しむ時間があります。

 

はくたかの乗車時間は50分ほどで、吾妻線の各駅の乗車時間は1時間25分ほど、JRバスの乗車時間は25分ほどとなります。

 

東京駅午前7時52分発のはくたか553号はくたか金沢行を利用した場合は同じルートで草津温泉のバス停着は午前11時頃となります。

 

週末の土日発でもう少し朝はゆっくりの方が良いという方は上野駅午前9時発の草津31号特急長野原草津口行に乗り、長野原草津口駅で下車して長野原草津口のバス停からJRバス関東の草津温泉行きに乗れば草津温泉のバス停には正午頃に到着します。

 

ランチを食べて温泉には入ることができると思います。

 

平日の場合は草津1号特急長野原草津口行の上野発が午前10時となってしまいますので草津温泉バス停着が午後1時頃となってしまいますので、草津での行動があわただしくなってしまうかもしれません。

 

帰りは草津温泉のバス停から午後3時50分の草津交通のバスに乗り、軽井沢駅前で下車し、軽井沢駅から北陸新幹線のあさま628号あさま東京行に乗車すれば東京駅には午後7時頃には到着します。

 

このダイヤでしたらバスの乗車時間が1時間23分ほど新幹線の乗車時間が1時間11分ほどですから乗り換え時間を含めても3時間10分ほどで済んでしまいます。

 

バスを利用する場合

 

草津温泉にはJRバスの上州ゆめぐり1号にバスタ新宿、練馬駅から乗車すれば草津温泉バスターミナルには正午頃に到着します。

 

到着後にランチを楽しみ温泉を楽しみその後早めの夕食を済まして草津温泉バスターミナルからゆめぐり18号の午後5時30分発に乗車すればバスタ新宿に午後9時35分に到着します。

 

バス利用でも草津温泉に5時間ほど滞在して観光することができます。

 

そしてバス利用の良い点は料金が安いことです。

 

通常期でも3,510円で最繁忙期でも3,800円という運賃となっています。

 

JR利用の場合は6,820円かかりますので半額近い価格で草津温泉が楽しめるバスは料金が魅力的です。

天気と服装について

草津温泉の天気と気温は天気予報を見ればすぐにわかります。

 

雨や雪が降っても湯畑や温泉街の散策でしたら少し濡れるだけで楽しむことができます。

 

あまり悪天候の場合には温泉をゆっくり楽しむのが良いのではないでしょうか。

 

観光が草津温泉の温泉街散策のみ予定されるのでしたらその気温に合った服装のみで良いと思います。

 

散策は日中だけでなく夜もライトアップされ素敵ですから、夜出歩く方は夜の気温もチェックしましょう。

 

草津温泉に行く際に白根山の観光もというのでしたら、草津温泉とは気温がかなり違いますので、それなりの服装をした方が良いでしょう。

 

天候にもよりますが、私が調べた時には気温の差は10℃もありましたので、それなりの服装が必要だということです。

 

我が家が夏に草津温泉に宿泊した際には天気が良かったので白根山も同じ服装で楽しめましたが、天候が良くなければ夏でも肌寒いことになるでしょう。

 

冬であればしっかりとした防寒の用意が必要だと思います。

 

日帰り入浴について

草津温泉には日帰り入浴施設があります。

 

草津温泉で自分の宿泊している旅館のホテルだけでなく、他の温泉も楽しんで湯めぐりをするために利用される方が多いのではないでしょうか。

 

草津温泉を訪れた際に入ってみたい日帰り入浴施設は温泉の中心にある湯畑にできた御座之湯ととても巨大な露天風呂の西の河原露天風呂、湯温の異なる低温から高温の浴槽に順に入る合わせ湯がある大滝乃湯、プールもあるクアハウスのテルメテルメ、草草津ナウリゾートホテルにある大露天風呂やジャグジー、サウナ、プールがあります。

 

天気が良くない日にはこれらの日帰りで利用できる施設を楽しむのもゆっくりできておすすめです。

 

草津温泉への東京から電車でのアクセスと天気と服装についてと日帰り入浴施設について教えます記事一覧

草津の温泉は皮膚病に良く効くと言われていますが、これは酸性の温泉に殺菌効果があるからです。特に万代鉱の温泉のPHは1.70ほどと強酸性の温泉ですから、入りますと少しピリピリするような肌触りがあります。強酸性のお湯は殺菌効果と共にピーリング効果もあり、肌の表面にある古い角質を柔らかくして溶かしてくれますので、昔から慢性的な皮膚病などの治療にも使われてきました。草津温泉の効能は次と言われています。神経...

草津温泉を楽しむには、やはり温泉街を散策してお土産店をめぐるのが良いのではないでしょうか。そんな時に草津温泉の中心街にあります湯畑に近い旅館であれば、チェックインしてからの夕食前の時間や、夕食後の時間に簡単に温泉街を散策できます。温泉街の散策は出来立ての温泉饅頭を食べ歩いたり、名産品のお土産を見てまわることができます。夜には湯畑はライトアップされることから、草津温泉に宿泊しなければ味わえない温泉街...

我が家も草津温泉で宿泊したホテル一井ですが、湯畑の前ということで選びました。本館は本当に目の前ですから便利なのですが、我が家は格安プランでしたから西館の部屋となりました。館内の連絡通路はとても長いので移動は5分以上かかりました。食事は食事処でしたので、テーブルが仕切られていることから家族でゆっくり楽しむことができました。食べ放題のビュッフェですと食べることが一生懸命になっていまして、食事の時も誰か...

草津ホテル別館 綿の湯へバスで行かれる方は草津バスターミナルから送迎サービスが行われていますので、車に迎えにきてもらえば3分ほどで宿に到着します。草津バスターミナルから宿までの距離は550メートルほどありますので、歩いて10分ほどかあkります。観光の際に草津温泉の観光の中心である湯畑までは400メートルほどとなっていますので、歩いて6分ほどで行くことができます。草津ホテル別館 綿の湯には駐車場もあ...

草津湯菜の宿しゃくなげは保養所であった建物が旅館として運営されているものです。そのため落ち着いてゆっくり休むことができる宿ではないでしょうか。フロントロビーも吹き抜けとなっていてそれなりの広さがあります。9室しかない小さな宿ですか密になることもなく、ザワザワ感がまったくない落ち着いた温泉の滞在を楽しむことができると思います。草津湯菜の宿 杓凪華 (トリップアドバイザー提供)草津湯菜の宿 杓凪華 (...

草津温泉の奈良屋は温泉街の中心である湯畑から60メートルほどの所にあります。宿の周りにはお土産店も多く、散策する拠点として良い場所となっています。バス利用で行かれる方は、草津温泉のバスターミナルから300メートルほどの所に宿がありますので歩きますと5分ほどで到着します。バスターミナルへは宿の送迎サービスもありますので、バスターミナルに到着しましたら宿に電話すれば迎えに来てくれます。自家用車で行かれ...

温泉旅館に宿泊するのであれば豪華で設備が整った高級な大型旅館が良いという方が多いと思いますが、ホテル櫻井はそういった方にお勧めの旅館です。より豪華な宿泊を楽しみたいのであれば数奇屋造りの格調高い新客殿の部屋があります。本客殿には部屋に露天風呂が付いた部屋もあります。大型旅館では当然宿泊者が多いことから温泉なども混むことがあるのですが、桜井のお風呂は大きいのでゆっくりできます。食事はゆっくりと部屋で...

湯宿季の庭は2つの泉源による23種類のお風呂の湯めぐりができることから人気の宿です。また、すべての客室には湯川の湯を引く贅沢な露天風呂が備わっていますので気軽に部屋で温泉を楽しむことができます。宿泊時には部屋の滞在と温泉をゆっくり楽しみたい方の宿ではないでしょうか。それでも夕刻からの湯畑近辺の観光も楽しみたいという方も多いと思います。湯宿季の庭の場所は湯畑から1.2キロほど離れていますので、夕食後...

喜びの宿高松は昔からの温泉旅館といった雰囲気をとても楽しめる温泉宿です。老舗ですから施設の古さは感じますが、決して不便ということはありません。スタッフの対応も良いことからとても人気のある宿となっています。喜びの宿高松の場所は湯畑から290メートルほどの場所にある旅館ですから、歩いて5分ほどで温泉街の中心まで行くことができる便利な宿です。宿泊代金もリーズナブルですから、立地と食事の内容からコストパフ...

ホテルヴィレッジは規模が大きいリゾートホテルで、タワー館、ウイング館、シャトー館の宿泊棟やログハウスがあり、総部屋数は162室となっています。宿泊客が多いシーズンは食事の会場やお風呂も混みますので時間をずらしての利用がお勧めです。敷地内には草津フォレストステージ、アロマセラピースパ、エステサロン、ボーリング場、ショートコース・パターゴルフ、釣り堀、プール、テニスコート、ゲームコーナー、カラオケルー...

老舗温泉旅館の望雲は草津観光の中心地の湯畑に近いことからチェックイン後も気軽に温泉街の散策を楽しめることと、お風呂では2種類の泉源のお湯が源泉かけ流しで楽しめることから人気の宿となっています。ボリュームのある食事もおいしいと人気で、料理の内容は宿泊プランによって好きなものを選ぶことができます。客室数も43室と大型旅館ではありませんので、従業員の方のおもてなしなども行き届いていて好評の宿です。歴史の...

草津ホテルは大正創業の老舗和風ホテルです。ホテルの内外はとてもレトロな雰囲気となっていて、このような大正ロマンを感じる和風ホテルはあまり無いのではないでしょうか。建物は古いのですが改装もされていますし、しっかりと掃除がされていますので滞在は快適です。ただし3階建ての建物にはエレベーターはありませんので、階段の上り下りが苦手な方は部屋を選ぶときに注意が必要です。新館は本館よりもロビーや大浴場へ行くの...

草津温泉の湯畑の宿 佳乃やは草津温泉は宿泊して温泉を楽しみたいけれども、旅館は素泊まりにして夕食は草津のグルメを楽しめる所で食べたいとか、宿泊代金はリーズナブルにしたいという方にお勧めの宿です。湯畑の宿佳 乃やは以前は羽田館という旅館を改装した温泉宿です。改装により綺麗で趣のある温泉宿となっています。宿から少し距離がある西の河原公園や草津熱帯園の観光をする際にとても便利なアシスト自転車のレンタルも...

湯畑のすぐ隣にある温泉旅館の山本館は江戸時代創業のとてもレトロな雰囲気の老舗温泉旅館です。登録有形文化財にも認定された歴史ある純和風の木造の建物ですが玄関や廊下はきれいに磨き上げられていますし、宿泊する部屋は匠の技でリフォームされていますので滞在は快適です。旅館内は歴史を感じるもので、ピカピカに磨き上げられた木の床の玄関ロビーや廊下は格調高い雰囲気が漂っています。建物は地下がお風呂、1階が玄関フロ...

湯畑草菴は草津温泉の中心である湯畑に隣接して建っている旅館ですから、観光にはとても便利な立地です。立地の良い宿は宿泊代金もそれなりの値段となるのですが、素泊まりの宿として運営されていますのでリーズナブルに宿泊できます。そのため至れり尽くせりの温泉旅館とは違いチェックインしたら自分で部屋に行くとか、部屋のお茶などは無料コーナーで頂くなどセルフサービス形式となっています。明治の木造の古い建物の宿ですか...

くさつのお宿 清重館は家族経営主体の民宿のようなアットホームな温泉旅館です。清重館 (トリップアドバイザー提供)そのため豪華でおしゃれな温泉旅館に宿泊したいという方にはおすすめできない宿です。宿泊料金がリーズナブルなことから、施設の古さやある程度の不便さは覚悟して宿泊しますと意外と快適と感じるのではないでしょうか。湯畑から少し離れていることもあり宿の周りは温泉街の雰囲気はありませんし、天気の悪い日...

昔心の宿 金みどりは湯畑から歩いて3〜4分と比較的便利な場所にある旅館です。120年の歴史をもつ老舗旅館だけあって落ち着きある客室と四季を感じる露天風呂と共に、上質な料理を楽しむことができます。老舗旅館ですが2021年に館内のリノベーションが行われていますので綺麗です。食事処の杢緑はおしゃれな空間となっています。昔心の宿 金みどり (トリップアドバイザー提供)浴衣は女性用が選べるのはよくあることで...

益成屋旅館は部屋が6室という小さな温泉宿です。益成屋旅館 (トリップアドバイザー提供)通常はこの規模の宿ですとお風呂は大浴場のみという宿が多いのですが、益成屋旅館には部屋専用の貸切り風呂があります。草津の温泉旅館には泊まりたいけれどもプライベートに温泉を楽しみ、食事をしてゆっくりしたいという方にお勧めの宿となっています。

草津温泉を和風の旅館ではなく、施設の整ったホテルで楽しみたいといった方にお勧めなのが草津ナウリゾートホテルです。和風旅館の会席料理も良いのですが、子供連れですと料理が出されるまで待てないということもあります。その点、席に着けばすぐに食べたい料理を食べることができるビュッフェでしたらすぐに食事を楽しむことができます。ビュッフェレストランも高級感のあるオープンキッチンとなっていますし、ステーキや握り寿...

湯けむりの里 料亭旅館 つつじ亭は湯畑から車で東に5分ほどいった場所にあります。草津の中心街のにぎやかさとはまったく無縁の豊かな自然に包まれたエリアとなっています。旅館の建物は3000坪の敷地の自然林の中にひっそりとあります。隠れた名旅館としての人気はこの閑寂な雰囲気によるところもあります。のんびりと温泉と料理を楽しむにはおすすめの温泉旅館です。朝夕の食事時間と貸切風呂の時間はチェックインの際に決...

伊東園ホテル草津は2014年8月に閉館したかんぽの宿草津を2015年4月に伊東園ホテルグループが買収してオープンしたホテルです。簡易保険加入者がリーズナブルに宿泊できることで人気があった宿ですが、リーズナブルな宿泊料金の伊東園ホテルとなり再びリーズナブルに草津の温泉を楽しむことができるようになっています。リーズナブルとは言いましてもロビーも広いですし、無料駐車場も50台分もあります。大浴場と露天風...

大東館は宿泊部屋数が95室もある大きな旅館です。繁忙期で宿泊者数が多い時にはチェックインする方が重なる時間には時間がかかることもあります。大東館の特徴は草津観光の中心である湯畑のすぐ横にあることです。チェックイン後や食事後の温泉街の散策もすぐにできますし、素泊まりにして草津のグルメを堪能することもできます。チェックインは午後3時からですが、その前に大東館に荷物を預けて散策をすることもできます。また...

草津温泉のお風呂と宿泊をリーズナブルに楽しむのにペンションを利用する方法があります。ペンションの良いポイントはアットホームなことで、陽のあたる場所のオーナー夫婦の方の接客は宿泊者の方からとても良いと評価されています。ペンションですから大型旅館の様な大きな湯船や露天風呂はありませんが、温泉を楽しめるお風呂は貸切りで楽しむことができますので気兼ねなく利用ができて好評です。ベビーベットや食事の際の椅子、...

日本三名泉の1つとして有名な草津温泉の湧出量は日本一を誇り、毎分32,300リットルほどと言われています。これだけ多くの温泉が湧き出していますので、多くの草津温泉旅館などは当然源泉かけ流しとなっていて、源泉の湯の温泉を十分堪能できます。草津温泉の驚くべき特徴はその泉質で、日本有数の酸性度となっていて湯畑源泉のpH値はナント2.1と、雑菌などを殺傷する消毒作用が抜群の温泉なのです。草津温泉は昔から多...

望雲に宿泊して部屋で温泉のお風呂を楽しめる部屋は次となります。雲松庵 露天風呂付客室12.5畳和室+6畳広縁+シャワールーム+トイレ+洗面所+温泉露天風呂+ウッドテラスウッドテラスがあり、こちらに天然温泉の露天風呂がありますテラスの横にはシャワールームがあります草津温泉 望雲 (トリップアドバイザー提供)望雲に貸切風呂はありません。望雲の食事は夕食も朝食も基本的には部屋食となっていますが、個室の食...

サイト管理

サイトは温泉旅館やホテルについて調べた時点の情報となっています。
記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
当サイトの記事等で問題がございましたら直ちに訂正させて頂きます。
大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。 sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp