登別温泉のホテルまほろばのアクセスと駐車場と送迎と部屋と温泉のお風呂と食事の料理とアメニティについてブログより分かりやすく教えます

登別温泉のホテルまほろばのアクセスと駐車場と送迎と部屋と温泉のお風呂と食事の料理とアメニティについてブログより分かりやすく教えます

アクセスと駐車場について

ホテルまほろばに新千歳空港からJRを利用して行く方は南千歳駅までJR特急で行き、南千歳駅からJR特急で40分ほどの乗車で登別駅となります。

 

登別駅前停留所から道南バスで13分ほどで登別温泉中央停留所に到着し、ここからホテルまほろばまでは62メートルですから歩いて1分ほどとなります。

 

乗車するバスによっては登別温泉バスターミナルの場合がありますのでその場合はホテルまほろばまでは230メートルありますので徒歩で3分ほどとなります。

 

登別駅前からタクシーを利用する場合の料金は2,630円ほどで、乗車時間は15分ほどとなります。

 

新千歳空港からの直通バス利用の場合は高速エアポートバスを利用すれば1時間23分ほどで登別温泉中央停留所に到着します。

 

自家用車で行かれる方の駐車場は250台分ありますのでこちらに無料で停めることができます。

部屋について

ホテルまほろばの部屋の種類は次となります。

 

源泉露天風呂付スイート「槐」禁煙
ツインベッド・リビングスペース+硫黄泉の大理石の露天風呂+洗面所+トイレ
広さ 64u
定員 2〜4名

 

 

 

源泉露天風呂付スイート「櫟」禁煙
ツインベッドルーム+リビングルーム+硫黄泉の大理石の露天風呂+洗面所+トイレ
広さ 64u
定員 2〜4名

 

 

源泉露天風呂付スイート「槿」禁煙
ツインベッドルーム+リビングルーム+硫黄泉の大理石の露天風呂+洗面所+トイレ
広さ 64u
定員 2名
2021年4月リニューアル

 

 

 

源泉露天風呂付スイート「楓」禁煙
ツインベッド又はキングサイズベッドルーム+リビングルーム+硫黄泉の大理石の露天風呂+洗面所+トイレ
広さ 64u
定員 2〜4名
2021年4月リニューアル

 

 

源泉露天風呂付スイート「楡」禁煙
ツインベッド又はキングサイズベッドルーム+リビングルーム+硫黄泉の大理石の露天風呂+洗面所+トイレ
広さ 64u
定員 2〜4名
2021年7月リニューアル

 

 

 

 

 

源泉露天風呂付スイート「楢」禁煙
ツインベッド又はキングサイズベッドルーム(琉球畳)+リビングルーム+硫黄泉の大理石の露天風呂+洗面所+トイレ
広さ 64u
定員 2〜4名
2021年7月リニューアル

 

 

 

和室10畳 禁煙又は喫煙
和室10畳+広縁+ユニットバス(浴槽・洗面・ウォシュレットトイレ)
定員 2〜5名

 

 

和室8畳 禁煙
和室8畳+広縁+ユニットバス(浴槽・洗面・ウォシュレットトイレ)
定員 2〜3名

 

 

洋室ツインルーム 禁煙又は喫煙可
ツインベッド・リビングスペース+ユニットバス(浴槽・洗面・ウォシュレットトイレ)
広さ 24u
定員 2名

 

 

和室ツインルーム 禁煙
ツインローベット・リビングスペース+ユニットバス(浴槽・洗面・ウォシュレットトイレ)
広さ 24u
定員 2名

 

 

和洋室 喫煙可
ツインベッドルーム+和室8畳+ユニットバス(浴槽・洗面・ウォシュレットトイレ)
定員 4名
広さ 48u

 

 

和洋室コネクティングルーム 喫煙可
ツインベッドルーム+和室10畳+ユニットバス(浴槽・洗面・ウォシュレットトイレ)
定員 2〜6名
広さ 68u

 

 

大部屋 喫煙可
和室10畳+8.5畳+ユニットバス(浴槽・洗面・ウォシュレットトイレ)
定員 4〜9名

 

 

 

アメニティはバスタオル、フェイスタオル、ヘアドライヤー、髭剃り、くし、歯ブラシセット、シャンプー、リンス、ハンド&ボディーソープ、湯沸かしポット、お茶セット、浴衣、 羽織、スリッパとなっています。

温泉のお風呂について

ホテルまほろばの大浴場では硫黄泉、食塩泉、単純硫黄泉、酸性鉄泉の4種類の温泉を楽しむことができます。

 

大浴場の場所は地下1階と地下2階となっています。

 

地下1階には地下2階には5種類の露天風呂(ファミリー風呂・硫黄泉・単純硫黄泉・バイブラ湯・うたせ湯)、寝湯、檜風呂、硫黄泉内湯、食塩泉内湯、酸性鉄泉内湯、ジャグジーバス、サウナ室、水風呂、低温風呂があります。

 

地下1階露天風呂(単純硫黄泉)

 

地下1階露天風呂(硫黄泉)

 

地下1階(ファミリー風呂)

 

地下1階(バイブラ)

 

地下1階(うたせ湯)

 

地下1階檜風呂

 

地下1階寝湯

 

地下1階(硫黄泉)

 

地下1階(サウナ)

 

地下1階(水風呂)

 

地下1階低温風呂

 

地下1階酸性鉄泉

 

地下1階食塩泉

 

地下1階(ジャグジー)

 

地下1階酸性鉄泉

 

地下2階には5種類の露天風呂(ファミリー風呂・硫黄泉・単純硫黄泉・酸性鉄泉・檜風呂)、檜風呂、バイブラ湯、打たせ湯、寝湯、ジャグジーバス、サウナ室、水風呂、低温風呂、硫黄泉内湯、食塩泉内湯、酸性鉄泉内湯があります。

 

地下2階水風呂

 

地下2階(サウナ)

 

地下2階(低温風呂)

 

地下2階(硫黄泉)

 

地下2階(ジャグジー)

 

地下2階(寝湯)

 

地下2階うたせ湯

 

地下2階(バイブラ)

 

地下2階檜風呂

 

地下2階(食塩泉)

 

地下2階ミョウバン泉

 

地下2F(檜風呂)

 

地下2階露天風呂(ミョウバン泉)

 

地下2階露天風呂(鉄鉱泉)

 

地下2階露天風呂(硫黄泉)

 

地下2階露天風呂(ファミリー風呂)

 

地下2階檜風呂

 

 

 

露天風呂含め全31種の浴槽があり、夜間の掃除時間の午前3時から4時の間で男女入れ替えが行われます。

 

大浴場の利用可能時間は午後2時から翌日午前3時、午前4時から午前9時30分となっています。

 

夜間の露天風呂利用可能時間は午後12時までで、朝は午前4時から利用できます。

 

サウナの利用可能時間は午後2時から午後10時となっています。

食事の料理について

宿泊時の夕食は個室食事処での会席料理とビュッフェレストランでのビュッフェ料理となります。

 

会席料理は季節の食材を使用した旬の味覚が楽しめる「旬の特選会席」や季節の食材を使用した四季折々の料理の「旬の季節会席」があります。

 

旬の特選会席のお品書きの一例は次となります。

 

食前酒 りんごのスパークリング シナモンライム酒甘煮の果実
先附 秋の炊き寄せとお凌ぎ旬味
炊き寄せ 車海老とキャビア 蝦夷鮑と雲丹粉 柿大根生ハム巻 無花果と胡麻白酢 銀杏松葉打ち う玉スモークと鮭子
お凌ぎ旬味 前浜産真鯖のお寿司 落葉茸のおろし和え タラバガニの外子和え
土瓶蒸し 松茸 甘鯛 車海老 銀杏 三葉 すだち
お造里 旬の魚介を炊き寄せ風に
煮物 蝦夷鮑とフカヒレの友葛庵掛け 冬瓜 ホワイトアスパラ クコの実
French 登別産牛フィレ肉のポアレ トリュフ香るポーチドエッグ 十勝産百合根のガトー仕立て
蒸し物 フォアグラの茶碗蒸し
お鍋 本タラバガニのお鍋 タラバのつみれ 鍋の野菜一式
お食事 釜炊き御飯 毛蟹か天然鯛どちらかをお選びください
香の物 三種盛り合わせ
留椀 大滝産 大滑子の味噌汁
デザート スイーツの飾りプレート

 

 

旬の季節会席のお品書きの一例は次となります。

 

食前酒 梅酒 
先付 旬菜五種盛り
先椀 舞茸と白身魚の土瓶蒸し
造り 海の幸四種盛り
煮物 じゃが芋のバター煮と秋鮭の時雨煮
焼き物 鴨肉とポルチーニ茸のフリカッセ
口直し サラダ 
揚げ物 秋刀魚と鱈の変わり揚げ
酢の物 鱈場蟹
蒸し物 南瓜万頭の飾り蒸し 鶏そぼろ味噌
鍋 鮟鱇鍋 辛みそ仕立て
食事 松茸ときの子の炊き込み御飯
香の物 三種
フルーツ スイーツ盛合わせ

 

 

 

ビュッフェは3階にあるレストラン「リバティ」と2階にある「グリーンテラス」でとなります。

 

リバティ

 

グリーンテラス

 

 

 

 

グリーンテラスの方は料理が小鉢に取り分けられていますが、リバティの方は大皿に乗せられた一般的なビュッフェ料理といった感じです。

 

蟹の食べ放題は、リバティはズワイガニだけですが、グリーンテラスには毛蟹もあります。

 

団体旅行の方の利用はリバティになるようです。

 

リバティの夕食の料理は室蘭産ヒラメと噴火湾産ホタテマリネ、登別産豚ロースの自家製ハムと茸のリエット、伊達産白菜の中華風クリーム煮、北海道産牛バラ肉と十勝産ビーツのポルシチ、室蘭産ブリのグリエクレオールソース、鶏の唐揚げ、きのこのスパゲッティ、チャーハン、芽室産フライドポテト、前浜産サクラマスとホタテの葛炒め、鰤の精進炊き合わせ、豚の角煮と芽室産ゴボウ・子芋の唐揚げ、知床産鶏のくわ焼き南蛮、日高産真ホッケの味噌バター焼き、蕎麦、秋刀魚と茄子の磯部フライ、炙り〆秋刀魚秋色なます、磯つぶ貝時雨煮と小松菜の胡麻酢掛け、鮭と山わさびの糀漬け、閻魔やきそばまんじゅう、エビ焼き、イカの炙り焼き、サラダバー(ミニトマト・キュウリ・レタス・グリーンリーフ・コーン・水菜・オニオンスライス・キャベツ千切り・ミックス豆・ポテトサラダ・ワカメ・紫キャベツ)、枝豆、天婦羅(しいたけ・レンコン・ちか)、蟹足などがあります。

 

 

 

 

お刺身コーナーにはサーモン、イカ、カツオのたたき、いくら、甘えび、マグロ、卵焼きがあります。

 

ライブキッチンではステーキ、醤油ラーメンが作られています。

 

デザートはミルフィーユケーキ、ダブルベリーケーキ、チョコレートケーキ、プチシュー、大福、自家製スイートポテト、マロンムース日高産マスカルポーネのソース、黒ゴマプリンほうじ茶庵グレースソース、桃のコンポート、わらびもち、おしるこ、カットリンゴ、グレープフルーツ、ぶどうなどとなっています。

 

グリーンテラスの夕食の小鉢に入った料理はズワイ蟹、毛蟹、マグロの刺身、活〆カンパチの刺身、かつおのたたき、甘海老の刺身、タコ・マグロ・サーモンの刺身盛り合わせ、イクラ、とびっこ、シラス干し、オクラ、白魚のキラキラ和え、ごまつぶ貝のキムチ風味、蛸と胡瓜と若布の酢味噌掛け、コハダの酢の物、天婦羅盛り合わせ(海老・コーン・芋)、網焼き海老、網焼きホッケ、網焼きイカ、帆立貝のチリソース、鯖の柚子味噌掛け、夏アブラコ湯葉と蓮根の揚げ出し、桜鱒のもろこし味噌焼き、鶏のガーリックレモン風味焼き、豚角煮のお粥あられ、北海道産魚介のスープ仕立てマルセイユ風、帆立の蒸し焼き、カボチャと蓮根のロティ、北海道産豚ヒレ肉とアスパラのソテー、イナダのローストソース・プロパンザル、北海道産スペアリブと夏野菜のボッタキオ、ビーフシチュー、冷やし茶碗蒸しじゅんさい葛庵掛け、鶏の唐揚げ、前浜産タコのカルパッチョオリーブ・リビエラの香り、新じゃがと海老の中華風サラダ、北海道産鶏せせりと茄子のマリネ、カボチャサラダ、マカロニサラダ、生ハムサラダ、グリーンサラダ、閻魔やきそばまんじゅう、夏アジしその香りフライシャキシャキタルタル、ご飯、味噌汁などとなっています。

 

 

 

ライブキッチンではビーフステーキが焼かれていますし、出来立ての渡り蟹のパスタや海鮮焼きも作られています。

 

 

 

デザートは桃、白玉ぜんざい、紅茶ゼリー、ムース・ドゥ・シトロン・ベール、わらび餅、和菓子、プチシュー、ベリーバウンドケーキ、ダブルベリーケーキ、むるくれーぷ抹茶、チョコレートケーキ、オレンジ、ぶどう、メロンなどとなっています。

 

 

かなり2か所のビュッフェレストランの料理は違うのではないでしょうか。

 

 

リバティの朝食の料理はブロッコリー、豚肉野菜の蒸し焼き、焼売、出汁巻き玉子、焼き鮭、焼きししゃも、ウインナーソーセージ、ベーコン、ロースハム、スクランブルエッグ、サーモンフライ、温泉卵、とろろいも、伊達産秋白菜の海老そぼろ庵、豆腐、野菜かまぼこ、筑前煮、十勝産インカのめざめ、肉じゃが、たらこ、納豆、白菜漬物、伊達産自家製キムチ、お茶漬けコーナー(わさび・かつお梅・あられ・塩昆布・じゃこの山椒炊き・いか塩辛・紅鮭ほぐし身・海苔)、パン(ミニパン・クロワッサン・パンオショコラ)サラダコーナー(ミニトマト・キュウリ・レタス・ポテトサラダ・マカロニサラダ・大根サラダ・紫キャベツ)などとなっています。

 

デザートはケーキ、和菓子、杏仁豆腐、ヨーグルト、アロエ、みかんシロップ漬け、プチシュー、ライチ、オレンジ、パイナップルなどとなっています。

 

グリーンテラスの朝食はマカロニサラダ、カボチャサラダ、ポテトサラダ、ロースハム、ベーコン、ウインナーソーセージ、スクランブルエッグ、グリーンサラダ、温泉卵、イカのお刺身、青唐辛子明太子、海鮮和え、出汁巻き玉子、網焼きししゃも、鰊のみりん漬け、紅鮭塩焼き、ポム・アングレース、コーンかまぼこ、豆腐、筑前炊き、茄子の含み煮、きんぴらごぼう、ザーサイの四川風漬物、結び昆布、つぼ漬け、三食豆、梅干し、肉じゃが、とうきび、フルーツグラノーラ、コーンフレーク、チョコフレーク、食パン、クロワッサン、パンオレザン、ご飯、味噌汁、味付け海苔、イカのしおから、納豆、岩のりなどとなっています。

 

ライブキッチンではフレンチトーストが作られています。

 

デザートはパイナップル、オレンジ、ライチ、マロンケーキ、プチシュー、ヨーグルト、みかん、ごまプリン、杏仁豆腐があります。

 

ドリンクバーもあり、コーラ、カルピス、ファンタ、ミルク、トマトジュース、ホットコーヒーなどが飲み放題です。

 

料理の内容は仕入れや時期などにより変わります。

じゃらんの口コミなど

クチコミ評価

 

 

投稿者さんA
露天風呂付客室に泊まりました。
あまり無い部屋の風呂が温泉でとてもゆっくり出来ました。
夕食会場もバイキングを指定したのですが一般のバイキング会場とは別の会場が有り、新鮮なメニューが豊富で良かったです。

 

投稿者さんB
登別は初めて訪れました。
ホテルの立地はバス停や観光地に近く便利でした。
また、ホテルから熊牧場への無料送迎もありました。
ナイトウォークに参加しましたが、ガイドさんは、この辺ではまほろばのご飯が一番美味しかったと言っておられました。
その通りで、バイキングはいくら、カニ、ステーキ食べ放題、その他の料理も全て美味しかった。
お風呂も、たくさんの種類の温泉が楽しめました。お風呂は綺麗。
これだけの内容なのにお値段もお手頃で驚き満足しました。

出展:https://www.jalan.net/ yad318454 /kuchikomi/

 

 

総合   4.3/5.0 ポイント
部屋   3.9/5.0ポイント
風呂   4.7/5.0ポイント
料理(朝食)   4.0/5.0ポイント
料理(夕食)   4.2/5.0ポイント
接客・サービス   4.3/5.0ポイント
清潔感   4.1/5.0 ポイント

「普通=3.0」が評価時の基準です

 

客室数
洋室 71室
和室 301室
和洋室 2室
その他24室
全室バストイレ、全室シャワー、全室冷房、全室暖房、テレビ、空の冷蔵庫

 

現地で利用可能なクレジットカード
JCB、VISA、マスター、AMEX、UC、DC、NICOS、ダイナース、UFJ

楽天トラベルの宿泊情報

 

登別温泉 ホテル まほろば

 

登別温泉街の中ほどに位置するホテル
美味しいお食事と、日本最大級の露天風呂・31もの湯めぐりで登別を満喫

 

ホテルまほろばの利用者口コミ

 

 

投稿者さんA
【お部屋】
10畳の和室です。
とても清潔で居心地がいい部屋です。
充電用のコンセントの位置が悪く、数も少ないですね。
wifiは支障なく快適でした。
複数のデバイス持ちならテーブルタップがあった方がいいです。
布団はムアツということでぐっすり眠れました。
分厚く硬いスポンジで、ちょっと熱を持って暑いかも。
【温泉】
広くて数種の温泉は登別で一番です。
脱衣所も浴場もとても清潔で快適です。
朝夕と男女が入れ替えですが、地下2階の露天は最高です。
【食事】
2食ともビュッフェでした。
お料理はとてもおいしくいただきました。
夕食の天ぷらはえび天がなくちょっと寂しいですね。
カニは期待したほどではありませんね。
お刺身は充実していました、いくらがたっぷりで嬉しい。
夕食も朝食も、一品の味がとてもおいしいです。
そして食後のコーヒーがおいしい。これは旅館では珍しいです。
デザートのぜんざいもおススメです。
【スタッフ】
みなさん非常に丁寧な接客でした。
レストランでは常に空いた皿などを下げてもらえ、テーブル上はすっきりです。
この時期、客数は少ないですが、もっと大勢になってもこのクオリティが保たれるよう願っています。

 

投稿者さんB
ブッフェスタイルの食事をいただきましたが、朝、夕ともどの料理もクオリティが高く美味しかったです。
お風呂も広くていろんな種類のお風呂を楽しめて良かったです。
朝夕で別々のお風呂になり、それぞれ違いがあるので、朝風呂も絶対入るべきだと思いました。

出展:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/12568/review.html

 

ホテルまほろばの利用者評価

 

総合評価 4.26 / 5ポイント
サービス 4.23 / 5 ポイント
立地 4.35 / 5 ポイント
部屋 3.90 / 5 ポイント
設備・アメニティ 3.87 / 5 ポイント
風呂 4.59 / 5 ポイント
食事 4.16 / 5 ポイント

 

施設基本情報

 

住所
〒059-0551
北海道登別市登別温泉町65
TEL : 0143-84-2211
FAX : 0143-84-2218

 

交通アクセス
JR登別駅〜登別温泉行バス約15分+徒歩約3分/道央道〜登別東ICより約10分
JR特急札幌より約70分・千歳約50分

 

チェックイン
14:00(最終チェックイン:18:00)

 

チェックアウト
10:00

 

駐車場
有り 200台 無料 先着順

 

部屋数
398室

 

館内設備
レストラン、ティーラウンジ、宴会場、会議室、大浴場、サウナ、露天風呂、禁煙ルーム、売店、コンビニエンスストア、自動販売機、エステサロン、ゲームコーナー、送迎バス、モーニングコール、宅配便、駐車場あり、無料Wifiサービスあり

 

部屋設備・備品
テレビ、電話、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、ズボンプレッサー(貸出)、電気スタンド、加湿器、洗浄機付トイレ、ボディーソープ、シャンプー、リンス、ハミガキセット、カミソリ、くし、タオル、バスタオル、浴衣、スリッパ、金庫

サイト管理

サイトは温泉旅館やホテルについて調べた時点の情報となっています。


記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。


当サイトの記事等で問題がございましたら直ちに訂正させて頂きます。


大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。


サイト管理者連絡先


sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp