南紀白浜温泉 癒しの宿クアハウス白浜のアクセスと駐車場と部屋と温泉のお風呂と食事の料理についてブログより分かりやすく教えます

南紀白浜温泉 癒しの宿クアハウス白浜のアクセスと駐車場と部屋と温泉のお風呂と食事の料理についてブログより分かりやすく教えます

アクセスと駐車場について

癒しの宿クアハウス白浜は白浜駅から道なりに4.2キロほどの場所にあります。

 

JR利用の方は白浜駅から白浜温泉旅館協同組合が運行している南紀白浜温泉シャトルバスを利用する事ができます。

 

B順路のシャトルバスを利用すればバス停は11番目で乗車時間は33分ほどとなります。

 

A順路のシャトルバスも利用でき、逆回りとなるため下車するバス停は10番目となり、乗車時間は35分となります。

 

白浜駅から明光バスを利用して行く場合には1番バス停から医療センター経由三段壁のバスに乗車します。

 

下車するバス停は14番目の白良浜で乗車時間は15分となります。

 

下車したバス停からホテルまでは550メートルとなりますので歩いて10分弱で到着します。

 

白浜駅からタクシーを利用する場合の料金は1.750円ほどとなり、乗車時間は10分ほどとなります。

 

自家用車で行かれる方の駐車場は敷地内に20台分ありますのでこちらに無料で停めることができます。

部屋について

癒しの宿クアハウス白浜の部屋の種類は次となります。

 

部屋の露天風呂やお風呂のお湯は温泉ではありません。

 

半露天風呂付特別室の部屋の種類は次となります。

 

3階 和洋室 夕海凪
和室10畳+洋室6帖+半露天風呂+洗面所+トイレ
定員 8名

 

 

 

 

2階 和室 白良凪
和室10畳+和室6畳+半露天風呂+洗面所+トイレ
定員 8名

 

 

 

 

露天風呂付客室の部屋の種類は次となります。

 

西館 露天風呂付き客室 円月・しらら・浜木綿
和室10畳+洗面所+露天風呂+トイレ
定員 2〜5人

 

露天風呂付客室「しらら」

 

 

露天風呂付客室「浜木綿」

 

露天風呂付客室「円月」

 

その他の客室の部屋の種類は次となります。

 

西館 海側の客室
和室10畳+洗面所+シャワーブース+トイレ
定員 1〜5名

 

 

東館 和室10畳&8畳
洗面所+トイレ
定員 10畳3〜5人 8畳1人〜4人

 

東館和室10畳

 

東館和室8畳

 

東館 洋室 8帖
洗面所+トイレ
定員 1〜3人

 

 

 

東館 バリアフリー洋室 3階
洋室10帖+風呂+洗面所+トイレ
広さ 21u
定員 2〜3人

 

アメニティはタオル、バスタオル、歯ブラシセット、シャンプー、リンス、ボディソープ、髭剃り、綿棒、ドライヤー、浴衣となっています。

温泉のお風呂について

癒しの宿クアハウス白浜の大浴場には内湯と併設された露天風呂があります。

 

 

 

 

大浴場の利用可能時間午前11時から午後12時、午前6時から午前9時となっています。

 

また、水着を着て楽しむクアハウスが大浴場の奥に及び横にあり、こちらにはバーデーゾーンとトレーニングゾーンがあります。

 

 

 

 

バーデーゾーンにはかぶり湯、打たせ湯、サウナ、水風呂、寝湯、気泡湯、半身・全身浴、アロマ浴、ボディシャワー、箱むし、運動浴(プール)、圧注気泡浴、ソラリウムがあります。

 

宿泊者の方の利用はもちろん無料ですから水着を忘れずに持って行きましょう。

 

水着を忘れた場合には貸し出しもあります。

 

バーデーゾーンの利用可能時間は午前10時から午後10時となっています。

食事の料理について

癒しの宿クアハウス白浜に宿泊の際の食事の場所は部屋食または食事処の「なぎさ」または広間となります。

 

 

夕食の場所と料理は宿泊プランによって選ぶことができます。

 

夕食の料理の種類は次となります。

 

スタンダードの会席が「紀州会席」となります。

 

お品書きの一例は次となります。

 

先付 おまかせ二種盛り
造り 梅真鯛 鮪 他二種
煮物 里芋饅頭 きのこ餡掛け
台物 牛カルビ陶板焼き、焼き野菜
焼物 銀ひれす味噌焼き
蒸物 季節の茶碗蒸し
揚物 海老変わり揚げ 蓮根挟み揚げ 添え野菜
小鍋 紀州幸紀鍋
御飯 和歌山県産米 にこまる
留椀 袱紗仕立て
香物 盛り合わせ
果物 季節のデザート

 

 

新鮮な地の海鮮をメインに高級食材を使用したのが「紀州会席デラックス 雅」となります。

 

お品書きの一例は次となります。

 

前菜 おまかせ二種盛り
造り 梅真鯛 鮪 他三種
煮物 里芋万頭、きのこ餡かけ
台物 熊野牛陶板焼き 焼き野菜
蒸物 季節の茶碗蒸し
焼物 銀ひれす味噌焼き
合肴 鮑バター焼き
揚物 海老変わり揚げ 蓮根挟み揚げ 添え野菜
小鍋 九絵鍋
御飯 和歌山県産 にこまる
留椀 袱紗仕立て
香物 盛り合わせ
果物 季節のデザート

 

 

和歌山の美味しいものを少しずつというのが「特選会席 和彩」となります。

 

お品書きの一例は次となります。

 

前菜 おまかせ前菜二種盛り
造里 紀州梅鯛 鮪中トロ あしらい一式
煮物 梅鯛荒煮 牛蒡
台物 熊野牛陶板焼き 焼野菜
蒸物 九絵茶碗蒸し
口替 里芋万頭 きのこ餡かけ
小鍋 和歌山県産三元豚しゃぶしゃぶ鍋 鍋野菜
御飯 和歌山県産米 にこまる
留椀 味噌汁
香物 盛り合わせ
果物 季節のデザート

 

量より質にこだわった特選会席で和彩会席をランクアップしたのが「和奏会席」となります。

 

お品書きの一例は次となります。

 

前菜 おまかせ前菜盛り合わせ
造里 伊勢海老造り 鮪中トロ
煮物 煮あわび フカヒレ餡かけ
台物 熊野牛陶板焼き 焼き野菜
蒸物 九絵茶碗蒸し
小鍋 かつらぎ産三元豚 豚しゃぶ 鍋野菜
留肴 鯨盛り合わせ (赤身・おばけ・ベーコン)
御飯 和歌山県産米 にこまる
留椀 袱紗仕立て
香物 盛り合わせ
果物 季節のデザート

 

 

量にも質にもこだわった最上級の贅沢会席が「響」となります。

 

お品書きの一例は次となります。

 

前菜 季節の前菜盛り合わせ
造り 伊勢海老造り、中とろ、梅真鯛 
煮物 九絵荒煮
台物 鮑のバター焼き
蒸物 季節の蒸物
焼物 金目鯛変わり焼き
口替 合鴨ロース サラダ
揚物 天婦羅五種盛り
小鍋 熊野牛しゃぶ鍋、鍋野菜
御飯 和歌山県産米 にこまる
留椀 袱紗仕立て
香物 盛り合わせ
果物 季節のデザート

 

 

また9月から3月までのクエの季節にはクエ料理が堪能できる会席料理があります。

 

お品書きの一例は次となります。

 

食前酒 梅酒
先付 おまかせ三種盛り
造り クエうす造り 紀州梅まだい 他三種盛り
小鍋 クエ鍋 鍋野菜
焼物 海鮮変わり焼
蒸物 クエ茶碗蒸し
揚物 クエ梅しそ揚げ 丸十 青唐 柚子塩 レモン
酢物 ローストビーフ サラダ
御飯 クエ雑炊
留椀 味噌汁
香物 盛り合わせ
果物 季節のデザート

 

 

 

上記以外にも季節の味覚の会席料理もあります。

 

朝食は和食となっていて料理の内容は焼き魚、温泉卵、小鍋、サラダ、煮物、惣菜3種、漬物、御飯、味噌汁などとなっています。

 

 

料理の内容は時期などによって変わります。

じゃらんの口コミなど

クチコミ評価

 

 

投稿者さんA
接客が素晴らしいです。挨拶がきちんとされてるし、心がこもっているので気持ちが良いです。
結婚記念日の旅行でしたが、お気遣いしていただきありがとうございました。
プールでは家族で遊んだり、円になって温泉入ったり、久しぶりに水着を着て今までにない思い出が出来ました。
夕食は、見た目も彩りよく感動するし、味もちょうど良くて美味しくて最高でした。
牛、アワビにクエとメインはもちろん、今まで食べて来た感じと違う茶碗蒸しは最高でした。
すべての料理に品があるというか大満足です。
量もちょうど良くて、残さず食べられたことで悔いを残さず済みました。
梅ジュースや梅のジンジャエールがあったのも南紀ならではで良かったし、美味しかったので食も進みました。
朝食は普通って感じでした。
8時半に食べ終わらなければならないのは朝寝坊の我が家にはちょっと早いなとは思いましたが。
部屋は壁に汚れとかありましたが気にならないほど清潔でした。
要望としましては、トレーニングルーム利用にはシューズとウェアを準備した方が良いと書いておいて欲しかったです。
浴衣とスリッパで利用するのをイメージしていたので、あんなに本格的だと思ってなかったので、利用出来なくてちょっと残念でした。
あと、チェックアウト後に売店を利用したのですが、売店のレジではカードが利用できず、フロントの方があっち行ったりこっち行ったりバタバタ大変そうだったので気の毒でした。
10時近くのチェックアウト後だったので私達しか居なかったので良かったですが、あれが混んでる時間だと迷惑で申し訳なくなってしまうので、売店のレジでカードが使えるようにして欲しいです。
廊下に意見箱があったり、アンケートがあったり、みんながこのお宿を好きで、もっと良くして行こうという前向きな姿勢がすごく感じられる良いお宿だと思います。
お宿が良いと、旅行がとても良い思い出となって心に残ります。
ありがとうございました。

 

投稿者さんB
アドベンチャーワールド近くのお宿を探していたところ、こちらを見つけて予約しました。
当日の予約となり、あまり期待をせずに到着したのですが、スタッフの方々は親切で温かい接客をして下さり、とても落ち着く雰囲気のお宿でした。
部屋食、各フロアのアルコール設置等感染対策もしっかりされていて、子供連れでも安心でした。
お食事は口コミ通りの美味しさで、量も丁度良く頂けました。
お部屋も、お掃除が行き届いていて景色も良く快適に過ごせました。
また是非お世話になりたいと思います。

出展:https://www.jalan.net/yad328392/kuchikomi/

 

総合   4.4/5.0 ポイント
部屋   4.0/5.0 ポイント
風呂   4.3/5.0 ポイント
料理(朝食)   4.6/5.0 ポイント
料理(夕食)   4.7/5.0 ポイント
接客・サービス   4.5/5.0 ポイント
清潔感   4.4/5.0 ポイント

「普通=3.0」が評価時の基準です

 

客室数
洋室 4室
和室 38室
全室冷暖房、テレビ、冷蔵庫(有料飲料あり)

 

現地で利用可能なクレジットカード
JCB、VISA

楽天トラベルの宿泊情報

 

癒しの宿 クアハウス白浜

 

最安料金(目安)
7,300円/泊〜

 

スーパー銭湯顔負けのお風呂の種類が自慢
季節の和会席と、多種多様の浴槽を完備したプールと温泉を楽しめる癒しの宿

 

クアハウス白浜の利用者口コミ

 

 

投稿者さんA
0歳3歳連れということで、ホテルでも遊べる、出来れば部屋食という条件で探していた所、クアハウスさんが目が留まり、二食付きプランで宿泊しました。
結果、多い年でホテルに100泊以上してきましたが、かなり当たりのホテルだったと思います。
ホテルのプールも3歳児には申し分ないですし、プールサイドにはリクライニングチェアがあるので、さっとタオルで包んであげられますし、何より清潔です。
お食事も品数も味も大満足、大食漢の私でも満腹です。
和歌山なので海鮮が抜群ですね。
部屋食なので子供が泣こうが走ろうが気にせず、大人も足を崩してゆったりできました。
お部屋もオーシャンビューで、清潔な和室で子供達も大喜びでした。
正直、口コミに悪い事が書いてあり、不安もありましたが、私の中ではベストホテルです。
赤ちゃん連れでも、温泉にベビーベッドやベビーチェアがあり着替えも入浴も楽ちんです。
ありがとうございました。
また泊まりに行かせて頂きます。
コロナに負けずに頑張ってください。

 

投稿者さんB
友人と3人で朝夕食付きコースで1泊しました。
リフォームしているのか、外観よりお部屋は新しい印象で、館内も清潔感がありました。
地元の食材をたくさん使用したお料理がとても美味しく、3人とも夕食、朝食でご飯をたくさんおかわりしてしまいました。
感染対策もできる範囲できちんとされていた印象です。
(館内にこまめなアルコール液の設置、食事時間の分散など)
バスの時刻の案内を丁寧にしてくださり、忘れ物をしてしまったのですが、電話やフロントで快く応対いただきました。
大浴場では温泉もゆっくり楽しむことのでき、とても楽しい旅行になりました。
ありがとうございました

出展:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/9288/review.html

 

クアハウス白浜の利用者評価

 

総合評価 4.22 / 5ポイント
サービス 4.57 / 5 ポイント
立地 4.05 / 5 ポイント
部屋 4.09 / 5 ポイント
設備・アメニティ 3.73 / 5 ポイント
風呂 4.09 / 5 ポイント
食事 4.43 / 5 ポイント

 

施設基本情報

 

住所
〒649-2211
和歌山県西牟婁郡白浜町3102
TEL : 0739-42-4175
FAX : 0739-42-2705

 

交通アクセス
JRきのくに線「白浜駅」よりタクシーで約10分、バスで約15分

 

チェックイン
15:00(最終チェックイン:18:00)

 

チェックアウト
10:00

 

駐車場
有り 100台 無料 先着順

 

部屋数
42室

 

館内設備
レストラン、喫茶、宴会場、大浴場、サウナ、露天風呂、売店、自動販売機、スポーツジム、プール(通年)、ゲームコーナー、モーニングコール、宅配便、駐車場あり

 

部屋設備・備品
テレビ、電話、インターネット接続(無線LAN形式)、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、ズボンプレッサー(貸出)、個別空調、洗浄機付トイレ、ハミガキセット、ブラシ、タオル、バスタオル、浴衣、スリッパ、金庫

サイト管理

サイトは温泉旅館やホテルについて調べた時点の情報となっています。


記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。


当サイトの記事等で問題がございましたら直ちに訂正させて頂きます。


大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。


サイト管理者連絡先


sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp