白浜温泉の家族とすごす白浜の宿 柳屋のアクセスと駐車場と部屋と温泉のお風呂と食事の料理についてブログより分かりやすく教えます

白浜温泉の家族とすごす白浜の宿 柳屋のアクセスと駐車場と部屋と温泉のお風呂と食事の料理についてブログより分かりやすく教えます

アクセスと駐車場について

柳屋の場所は白浜駅から道なりに5.1キロありますので駅からは白浜温泉旅館協同組合が運行する無料シャトルバスを利用するのがおすすめです。

 

シャトルバスはB順路のシャトルバスを利用し、下車する停車場は8番目で乗車時間は24分となります。

 

A順路のシャトルバスでも行くことができますが、逆回りとなるため到着には44分かかってしまいます。

 

駅からタクシーを利用する場合の料金は2,110円ほどとなり、乗車時間は15分となります。

 

白浜駅前からは路線バスも利用することができ、明光バスの三段壁行に乗車して17番目のバス停の湯崎バス停で下車します。

 

バスの乗車時間は20分ほどで料金は400円となります。

 

自家用車で行かれる方の駐車場は40台分ありますのでこちらに無料で停めることができます。

部屋について

柳屋の部屋の種類は次となります。

 

露天風呂付 和室
和室8畳+踏込+バス・トイレ+露天風呂(温泉)
定員 2〜4名

 

 

 

露天風呂付 和洋室
ツインベットスペース+6畳+バス・トイレ+露天風呂(温泉)
定員 2〜5名

 

 

和室
和室10畳+踏込+バス・トイレ
定員 2〜5名

 

 

洋室 10〜12階
広さ 35.8u
ツインベッドルーム+バス・トイレ
定員 2〜4名

 

 

最上階和洋室 13階
洋間ツインベット+6畳+バス・トイレ
定員 2〜7名

 

和洋室
洋間ツインベット+6畳+バス・トイレ
広さ 30u
定員 2〜5名

 

 

赤ちゃんルーム 8〜9階
和室10畳+踏込+バス・トイレ
定員 2〜5名

 

 

お子様用食器、調乳ポット、電子レンジ、IHクッキングヒーター・小鍋、温度調整ポット、お子様用ミニ椅子、おむつ入れ、お子様用浴衣あり

 

アメニティは歯ブラシセット、石鹸(固形)、タオル、バスタオル、ドライヤー、浴衣、スリッパとなります。

 

お茶セットと湯沸かしポット、冷蔵庫、金庫、無料で使えるマッサージチェアーがあります。

温泉のお風呂について

大浴場は総桧造りの湯舟の内湯と岩風呂の露天風呂の「木の湯」と、御影石の浴槽の内湯と岩風呂の露天風呂の「石の湯」があり、男女入れ替えが行われています。

 

大浴場・露天風呂

 

 

大浴場 木の湯

 

大浴場 石の湯

 


家族とすごす白浜の宿 柳屋 (トリップアドバイザー提供)

 

貸切風呂は有料の内湯と露天風呂が1か所ずつあります。

 

 

 

大浴場の利用可能時間は午後3時から午後12時、午前6時から午前9時となっています。

 

貸切風呂の利用可能時間は午後3時から午後11時40分、午前6時から午前8時40分となっています。

 

また南紀白浜で太平洋の雄大な風景を楽しみながら湯浴みが楽しめる「崎の湯」は行ってみたい場所ですが、柳屋からは歩いて5分ほどとなりますので天気が良ければ行くことをお勧めします。

食事の料理について

柳屋に宿泊の際の夕食の内容や食事の場所は宿泊プランにて選ぶことができます。

 

夕食、朝食とも部屋食のプランと景色を楽しみながら食事ができるアクリル板パーテーションがあるレストラン「アライラ」での食事のプランがあります。

 

 

夕食の料理の種類は次となります。

 

華会席は基本のプランとなります。

 

春・夏のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
先付 鮪しぐれ煮
前菜 盛り合わせ
造里 その日のお造り
焼き物 赤海老鉄板焼き
鍋物 料理長おすすめ季節鍋
洋菜 湯引牛味くらべ
変り鉢 胡麻絞り
蒸し物 茶碗蒸し(夏は冷物)
酢の物 その日の酢の物
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

秋・冬のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
先付 鮪ジュレ
前菜 盛り合わせ
造里 七種盛り
焚合せ 鯛荒焚き
焼物 牛すき焼
鍋物 料理長おすすめ季節鍋
蒸し物 蕪蒸し
替り鉢 胡麻絞り
酢の物 鯛昆布〆
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 


家族とすごす白浜の宿 柳屋 (トリップアドバイザー提供)

家族とすごす白浜の宿 柳屋 (トリップアドバイザー提供)

家族とすごす白浜の宿 柳屋 (トリップアドバイザー提供)

家族とすごす白浜の宿 柳屋 (トリップアドバイザー提供)

家族とすごす白浜の宿 柳屋 (トリップアドバイザー提供)

家族とすごす白浜の宿 柳屋 (トリップアドバイザー提供)

家族とすごす白浜の宿 柳屋 (トリップアドバイザー提供)

 

抄会席は基本プランですが、量より質、トレーサビリティーを重視した和会席となっています。

 

夏・春のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
前菜 盛り合わせ
造里 六種盛り
焼き物 鮑網焼き
鍋物 料理長おすすめ季節鍋
洋菜 湯引牛味くらべ
蒸し物 茶碗蒸し(夏は冷物)
酢の物 うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

秋・冬のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
前菜 盛り合わせ
造里 六種盛り
焚合せ 煮鮑
焼物 牛すき焼
鍋物 料理長おすすめ季節鍋
蒸し物 蕪蒸し
酢の物 うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

 

小磯会席はお造りと魚料理が好きな方のための会席となっていて全14品となっています。

 

春・夏のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅薬膳酒
先付 鮪しぐれ煮
前菜 盛り合わせ
造里 本日の姿造りと盛り合わせ
焚合せ 鯛荒焚き
焼き物 伊勢海老鉄板焼き
鍋物 料理長おすすめ季節鍋
洋菜 湯引牛味くらべ  
蒸し物 茶碗蒸し(夏は冷物)
酢の物 うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

秋・冬のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
先付 鮪ジュレ
前菜 盛り合わせ
造里 本日の姿造りと盛り合わせ
焚合せ 伊勢海老具足煮
焼物 牛すき焼
鍋物 料理長おすすめ季節鍋
蒸し物 蕪蒸し
替り鉢 胡麻絞り
酢の物 鯛うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート食前酒 

 

芳露会席は伊勢エビやアワビ、 熊野牛が食べたいという方のための贅沢な会席となっています。

 

春・夏のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
前菜 盛り合わせ
造里 伊勢海老姿造りと盛り合わせ
焚合せ 鯛荒焚き
焼き物 鮑網焼
鍋物 伊勢海老鍋
洋菜 熊野牛炙り
変り鉢 胡麻絞り
酢の物 鮃うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

秋・冬のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
前菜 盛り合わせ
造里:伊勢海老姿造りと盛り合わせ
焚合せ 煮鮑
焼物 熊野牛炙り
鍋物 伊勢海老鍋
酢の物 うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

 

海露会席は手に入りにくい高級食材の「クツ海老」が入った会席です。

 

春・夏のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
先付 生雲丹
前菜 盛り合わせ
造里 クツ海老と地魚他盛り合わせ
焚合せ 地魚煮付け
焼き物 調理長が選ぶ本日の肉料理
鍋物 伊勢海老鍋
洋菜 煮鮑
変り鉢 胡麻絞り
酢の物 鮃うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

秋・冬のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
先付 生雲丹
前菜 盛り合わせ
造里 クツ海老と地魚他盛り合わせ
焚合せ 地魚煮付け
焼物 調理長が選ぶ本日の肉料理
鍋物 天然本クエ鍋
変り鉢 胡麻絞り
酢の物 鮃うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

 


家族とすごす白浜の宿 柳屋 (トリップアドバイザー提供)

 

白露会席は伊勢海老、天然クエ、熊野牛と山海の幸をふんだんに使った豪華絢爛な会席です。

 

春・夏のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
先付 生雲丹
前菜 盛り合わせ
造里 伊勢海老姿造りと鮑他造り盛り合わせ
焚合せ 地魚煮付け
焼き物 熊野牛鉄板焼き
油物 鱧天婦羅
鍋物 伊勢海老鍋
変り鉢 胡麻絞り
酢の物 鮃うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

秋・冬のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
先付 生雲丹
前菜 盛り合わせ
造里 伊勢海老姿造りと鮑他造り盛り合わせ
焚合せ 伊勢海老具足煮
焼物 熊野牛鉄板焼き
鍋物 天然本クエ
変り鉢 胡麻絞り
酢の物 鮃うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

 

渚会席は伊勢エビの姿造り、鮑網焼き、鯛荒焚きなどが楽しめるボリューム満点の会席です。

 

春・夏のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
前菜 盛り合わせ
造里 伊勢海老姿造りと盛り合わせ
焚合せ 鯛荒炊き
焼き物 鮑網焼き
鍋物 料理長おすすめ季節鍋
洋菜 湯引牛味くらべ
蒸し物 茶碗蒸し(夏は冷物)
変り鉢 胡麻絞り
酢の物 うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

秋・冬のお品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
前菜 盛り合わせ
造里 伊勢海老姿造りと盛り合わせ
焚合せ 鯛荒焚き
焼き物 牛すき焼
鍋物 料理長おすすめ季節鍋
油物 鮑天婦羅
蒸し物 蕪蒸し
変り鉢 胡麻絞り
酢の物 うす造り
ご飯 柳屋飯
留椀 白味噌仕立て
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

 

伊勢海老づくし会席は前菜、造り、焼き物、大鍋、吸い物に伊勢海老を使用した贅沢な会席です。

 

お品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 梅酒
前菜 伊勢海老盛り合わせ
造里 伊勢海老姿造り他
焼物 伊勢海老塩焼き
鍋物 伊勢海老鍋
ご飯 柳屋飯
汁物 伊勢海老土瓶蒸し
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

 

10月から3月末までのクエのシーズンには下記の会席を選ぶことができます。

 

天然本クエを小鍋、造り、焼き物、荒焚きで楽しめるのが天然本クエづくし会席です。

 

お品書きの一例はこちらになります。

 

食前酒 クエヒレ酒
前菜 クエ皮みぞれ和え
造里 クエ重ね造り
焚合せ クエ荒焚き
焼き物 クエ照焼
鍋物 クエ小鍋
酢の物 クエうす造り
ご飯 クエ柳屋飯
汁物 クエ土瓶蒸し
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート

 

 

天然本クエ鍋はクエをひれ酒、先付、うす造り、かき揚、クエ鍋で楽しめる会席です。

 

食前酒 天然本クエひれ酒
先付 天然本クエ皮みぞれ和へ
前菜 盛り合わせ
造里 鮑入り盛り合わせ
鍋物 天然本クエ鍋
油物 天然本クエかき揚げ
酢の物 天然本クエ薄造り
ご飯 雑炊
香の物 二種盛り
水菓子 その日のデザート食前酒

 

 

夕食は好きな料理が食べることができるコースの宿泊プランを選べば良いのではないでしょうか。

 

個人的には和歌山県の白浜町から串本町周辺地域でしか捕れないクツ海老を味わっていただけたらと思います。

 

そのおいしさと希少性からクツ海老は伊勢海老よりも高価なのです。

 

 

クツ海老の旬は秋から冬です。

 

子連れ家族旅行の方のためのお子様ランチの夕食と朝食も用意されています。

 

また、夕食をより豪華にしたい方のための追加料理もあり、造り料理盛り合わせやクツ海老造り、伊勢海老の造りや具足煮・鬼焼・サラダ、セッタ海老造り、鮪造り、甘烏賊造り、鮃うす造り、鯛うす造り、鮑の造り・バター焼・網焼・宝楽焼、さざえ造り・壺焼、有頭海老天麩羅・塩焼き、季節魚唐揚げ・煮付け・塩焼・荒煮、鯛荒煮、熊野牛ステーキ・鉄板焼き・すき焼き・しゃぶしゃぶなどがあります。

 

朝食は和食で料理は焼き魚、サラダ、野菜と卵とベーコンの陶板焼き、かまぼこ、お浸し、じゃこおろし、香の物、ご飯、味噌汁、海苔、ヨーグルトなどとなっています。

 

 

 


家族とすごす白浜の宿 柳屋 (トリップアドバイザー提供)

 

温泉宿に宿泊した朝ごはんはなぜかたくさん食べることができてしまいます。

 

料理の内容は時期などにより変わります。

じゃらんの口コミなど

クチコミ評価

 

 

投稿者さんA
白浜には昔から何度か遊びに行っているのですが、ここ柳屋さんに宿泊するのは初めてでした。
思いきって奮発して露天風呂つきのお部屋にさせていただいたのですが、お風呂は源泉掛け流しで、景色も目の前に綺麗な海が広がっていて、お風呂も景色も最高でした。
お食事も伊勢海老など海の幸をたっぷりと味わうことができました。
帰り間際に、新婚旅行で来たんです、とお食事係の方に話したらチェックアウト時にフロントの方からお祝いですとプレゼントをいただき、素敵な心遣いにとてもありがたい気持ちになりました。
二日間大変お世話になりました。
ありがとうございました。

 

投稿者さんB
コロナコロナで都会での毎日が息苦しく,少しでも気分転換になってほしいと両親を連れて白浜へ。
こちら柳屋さんの温泉のお湯が本当に気持ち良く.お料理も大変美味しく.両親ともに大満足でした。
お部屋にも.風呂場の前にも無料のマッサージ器があり.たっぷりリフレッシュさせて頂きました。
そして何より.歓送迎の時のスタッフのおもてなしの心がすごく嬉しいと思いました。

出展:https://www.jalan.net/yad364545/kuchikomi/

 

総合   4.6/5.0 ポイント
部屋   4.3/5.0 ポイント
風呂   4.8/5.0 ポイント
料理(朝食)   4.6/5.0 ポイント
料理(夕食)   4.8/5.0 ポイント
接客・サービス   4.7/5.0 ポイント
清潔感   4.4/5.0 ポイント

「普通=3.0」が評価時の基準です

 

客室数
洋室 12室
和室 32室
和洋室 12室
全室バストイレ、全室シャワー、全室冷暖房、テレビ、冷蔵庫(有料飲料あり)、無線LAN

 

現地で利用可能なクレジットカード
JCB、VISA、マスター、AMEX、UC、NICOS、デビットカード

楽天トラベルの宿泊情報

 

白浜温泉 家族とすごす白浜の宿 柳屋

 

最安料金(目安)
7,700円/泊〜

 

歴史ある 「行幸源泉」 を贅沢にかけ流し
キッズコーナーや赤ちゃんルームなどお子様用設備も充実
家族で温泉を楽しもう

 

柳屋の利用者口コミ

 

 

投稿者さんA
親子4人で3月2日から2泊させて頂きました。
初めての宿でしたので、少し不安もありましたが、フロントの方の応対で完全に払拭されました。
エレベーターで宿泊階に上がると、フロアで担当の仲居さんと偶然出会うことができました。
気さくに話しかけてくださり、またまた安心できました。
コロナ禍のため、食事は部屋食でお願いしておりました。
仲居さんが食事の準備をしてくださる際にも子供達に優しく接してくださり、子供達もとてもリラックスしておりました。
甘い物が苦手な長男が酸味のきいたオレンジジュースを美味しいと飲んでましたので、売店にありますかと仲居さんに尋ねると、ここには置いてないんです、とお料理の細かいところまで把握されており、驚きました。
次回、和歌山に旅行の際は、再びお世話になりたい宿と仲居さんでした。

 

投稿者さんB
この度は直前の予約にも関わらずとても快適な滞在をさせていただきましてありがとうございました。
小さな子供(一歳)を2人連れての旅行で不安もありましたが、部屋食でご対応いただけたこと、周りの目を気にせずとてもゆっくりと過ごすことができ、大変満足でした。
お部屋や、お風呂はもちろん申し分ないのですが、スタップの方々の心温まるおもてなしに感激いたしました。
おそらく私たちだけにではなく、皆様に対して当たり前のようにしてらっしゃるのでしょうが、そのレベルがとても高く感じました。
宿に着くなり、フロントの方、ドアマンの方が荷物を運んで下さり、(鞄を担いだりせず、しっかり腕で運んでおられました。すごいプロ意識を感じました。)備考欄で申し付けておりました事項ももれなくご案内していただけました。
接客係の方もとても気さくな方で、子供とコミュニケーション取っていただくなど大変思い出に残る旅となりました。
帰宅後妻とも話しましたが、これまで色々なところに旅行に行ったけれども、一番良かったんじゃないかと結論づけました。
また白浜に遊びに行く機会があれば、ぜひ利用させていただきたい宿です。
この度は楽しい旅行をお手伝いいただきましてありがとうございました。

出展:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/9133/review.html

 

柳屋の利用者評価

 

総合評価 4.35 / 5ポイント
サービス 4.45 / 5 ポイント
立地 4.57 / 5 ポイント
部屋 4.07 / 5 ポイント
設備・アメニティ 4.01 / 5 ポイント
風呂 4.43 / 5 ポイント
食事 4.30 / 5 ポイント

 

施設基本情報

 

住所
〒649-2211
和歌山県西牟婁郡白浜町1870
TEL : 0739-42-3360
FAX : 0739-43-0947

 

交通アクセス
JR特急『スーパーくろしお』で天王寺から白浜まで約1時間55分

 

チェックイン
15:00(最終チェックイン:19:30)

 

チェックアウト
10:00

 

駐車場
有り 40台 無料 先着順

 

部屋数
56室

 

館内設備

 

館内設備
ティーラウンジ、カラオケルーム、宴会場、会議室、大浴場、露天風呂、売店、自動販売機、コインランドリー(有料)、ゲームコーナー、麻雀室、ファックス送信可、ルームサービス、モーニングコール、宅配便、駐車場あり
大浴場にはバスタオル、シャンプーリンス、ドライヤー、くし、ブラシがあります

 

部屋設備・備品
テレビ、電話、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー(貸出)、電気スタンド(一部)、アイロン(貸出)、加湿器(貸出)、洗浄機付トイレ、石鹸(固形)、ハミガキセット、タオル、浴衣、スリッパ、金庫

サイト管理

サイトは温泉旅館やホテルについて調べた時点の情報となっています。


記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。


当サイトの記事等で問題がございましたら直ちに訂正させて頂きます。


大変申し訳ございませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。


サイト管理者連絡先


sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp